滋賀/守山サテライト

生活・地域ファシリテーター/経験者向けの地域版育成プログラム


生活・地域ファシリテーターとは

生活・地域ファシリテーターとは、日常の生活を考えるための「生活哲学」を身につけ、地域に暮らす人や地域のコミュニティが抱える困りごとを、地域にある人や組織と連携を取りながら解決につなげていく人です。

子育てしやすく老後も安心して暮らせるまち、帰ってきたくなるまちを支える『地域のお世話役』です


経験者向けの地域版育成プログラム

生活哲学学会が自治体等と連携して、経験者向けに地域で開講する育成プログラムです。

町会、PTA、NPO、子育て支援、介護支援、地地域の商店経営、コミュニティカフェなど活動経験のある人のためのコースです。

守山サテライトでは、この経験者向け育成プログラムを2017年5月から開講します


プログラムの内容

 守山サテライトでは、地域を拠点にコミュニティサロンやサークル活動などをすでに運営されているか、もしくは過去にされていた方を対象とした特別プログラムです。

地域密着型の新規事業の展開を検討されている企業や団体の職員、スタッフ等の研修としての参加もOKです。



生活哲学学会とは

 「日常生活から人と地域の未来を考える」という理念のもと、生活の基本となる考え方や知恵・技術を探求し、活力ある地域社会を創造するため、次のような活動を行います。

 

1.地域の暮らしの中にある先人の知恵の研究

2.「生活・地域ファシリテーター」の育成

3.企業・行政等に貢献する人材の育成

4.生活の実態調査



これからは、地方創生に欠かせない「おせっかいのプロ」が求められる時代です!