生活・地域ファシリテーター育成プログラム 地域版 滋賀県/守山サテライト 2018年度受講生募集中!

滋賀県守山市にて地域活動経験者向けのコースを2018年9月より開講します。


生活・地域ファシリテーターとは

生活・地域ファシリテーターとは、日常の生活を考えるための「生活哲学」を身につけ、地域に暮らす人や地域のコミュニティが抱える困りごとを、地域にある人や組織と連携を取りながら解決につなげていく人です。

 

子育てしやすく老後も安心して暮らせるまち、帰ってきたくなるまちを支える『地域のお世話役』です。

 


生活・地域ファシリテーターになるには

生活・地域ファシリテーターになるには、全国各地で開講される地域版育成プログラムを受講する必要があります。

 

滋賀/守山サテライトでは一般社団法人生活哲学学会が自治体等と連携して、この育成プログラムを2018年9月に開講します。

 

 


滋賀/守山サテライトでの受講について

滋賀/守山サテライトでの受講は、地域密着型のビジネスや活動を深めていきたい方が対象です。

自治会、PTA、NPO、子育て支援、介護支援、地域の商店経営、ボランティアなど地域での活動経験のある人のためのコースです。

受講者の特性や要望に合わせて、必要な学びを提供します。

 

まちづくり会社や地域密着型企業の新入社員研修・スタッフ研修としての参加も歓迎します。

 

 


あなたの街の「ママパスポート」を発行しませんか?

地域版子育て情報誌&コミュニティサポートブック「ママパスポート」の発行者を全国各地で募集しています!

滋賀/守山サテライトでは、各地域の編集長候補も受講予定。他地域の編集者と交流をはかりながら、自分の街ならではの情報を発信しませんか?

今の時代にあえて紙媒体を発行する意味もお伝えします。

 



生活哲学学会とは

 「日常生活から人と地域の未来を考える」という理念のもと、生活の基本となる考え方や知恵・技術を探求し、活力ある地域社会を創造するため、次のような活動を行います。 

1.地域の暮らしの中にある先人の知恵の研究

2.「生活・地域ファシリテーター」の育成

3.企業・行政等に貢献する人材の育成

4.生活の実態調査